中国の消費文化の活気に満ちた絶えず進化する風景から生まれたPop Martは、愛らしくコレクター心をくすぐるブラインドボックス玩具で世界を席巻し、何百万人もの心を魅了しています。このトレンディな玩具ブランドは、中国全土を席巻したブラインドボックスブームに乗り、業界のリーダーとしての地位を確立しました。ブラインドボックスとは、特定のシリーズのサプライズトイが入った密封されたパッケージのことで、購入体験に興奮と期待の要素を加えています。

Pop Martの成功への道のりは、まさに驚異的でした。小さな小売店としてささやかな始まりから、同社は世界的な現象へと成長し、最近のIPO後に急上昇した市場価値を誇っています。現代のトレンドをしっかりと把握し、若い消費者の欲求を掘り起こす uncanny な能力を持つPop Martは、アート、玩具、収集品の境界線を曖昧にする独自の空間を切り開きました。この記事では、Pop Martの魅力的な世界を探求し、その起源、象徴的なブラインドボックス戦略、そして未来への野心的な計画を探ります。

Pop Martの起源:ささやかな始まりからトレンドセッターの帝国へ

Pop Martの物語は、創業者である王寧のビジョンと起業家精神と密接に結びついています。1987年に河南省で生まれた王寧の成功への道は早くから始まり、大学時代には起業家精神に火がつきました。彼は鄭州大学西亚斯国際学院で広告を学びながら、学生生活ドキュメンタリープロジェクトや、当時流行していた小売スペースを個々のベンダー用の小さなブースに分割するモデルにヒントを得た「キャンパスグリッドショップ」など、いくつかのベンチャー事業に着手しました。これらの初期の経験は、王寧に消費者嗜好と小売運営のダイナミクスに対する鋭い理解を植え付けました。

王寧

2010年、王寧は起業家としての志を抱いて北京に移り、賑やかな中関村地区に最初のPop Martストアを設立しました。トレンディなライフスタイル製品を厳選して提供する日本の小売店LOFTにインスピレーションを得た王寧は、Pop Martを若いファッショナブルな消費者向けの「トレンディなスーパーマーケット」として構想しました。同店は、化粧品やアパレルから文房具、玩具まで、現代の若者文化の本質を捉えることを目指した多様な製品を取り揃えていました。

しかし、創業初期は困難に満ちていました。Pop Martはターゲットオーディエンスの定義に苦しみ、確立された小売業者との厳しい競争に直面しました。当初は魅力的だった多様な製品群は、焦点とブランドアイデンティティの欠如につながりました。さらに、利益率は薄いままであり、成長と拡大を維持することが困難でした。これらの初期の挫折により、王寧とそのチームはアプローチを再評価し、より持続可能な前進の道を模索せざるを得ませんでした。

Mollyの台頭とブラインドボックス戦略:Pop Martのゲームチェンジャー

Sonny Angel

2015年はPop Martにとって転換点となり、同社は軌跡を大きく変え、かつてない高みへと押し上げる現象に偶然出会いました。王寧と彼のチームは、様々なデザインの愛らしい小さな天使の置物が特徴の日本のブラインドボックス玩具シリーズ、Sonny Angelの人気が急上昇していることに気づきました。これらの収集価値のあるフィギュアの魅力と、ブラインドボックスに関連するサプライズの要素が、トレンディな玩具は、特に未知のスリルと組み合わせると、計り知れない可能性を秘めているという気づきをもたらしました。

Sonny Angelの成功に触発され、Pop Martは一般的な「トレンディなスーパーマーケット」から、トレンディな玩具、特にブラインドボックス収集品を専門とする方向に戦略的に移行することを決定しました。このシフトは、進化する消費者トレンドと、機能的価値以上のものを提供するユニークで魅力的な製品への需要の高まりに対する鋭い理解によって推進されました。

Molly

Pop Mart独自のSonny Angelを見つけようとする探求は、王寧を香港を拠点とするデザイナー、Kenny Wongによって作られたキャラクター、Mollyへと導きました。大きな目とふくれっ面をした小さな女の子、Mollyは、態度とスタイルに溢れ、王寧と彼のチームにすぐに共鳴しました。彼らは彼女の中に、愛されるアイコンとなり、Pop Martの新しい方向性を牽引する力となる可能性を見出しました。2016年、Pop Martは中国本土におけるMollyの独占ライセンス権を取得し、これが大きな成功を収めることになりました。

Mollyの導入とブラインドボックスモデルの採用は、若い中国人消費者の間でブームを巻き起こしました。ブラインドボックスは未知のスリルを捉え、サプライズフィギュアを開封する興奮と、レアまたは限定版のデザインを発見する可能性を提供しました。このゲーミフィケーションの要素と、Mollyの魅力的な魅力が相まって、Pop Martの急成長を後押しする強力な公式が生まれました。

ブラインドボックス戦略の成功には、いくつかの要因が寄与しました。

  • 収集性:ブラインドボックスモデルは、消費者がコレクションを完成させ、レアな「チェイス」フィギュアを手に入れようとしたため、リピート購入を促しました。
  • お手頃価格:個々のブラインドボックスの価格は比較的低く、参入障壁が最小限に抑えられていたため、幅広い消費者が利用できました。
  • ソーシャルエンゲージメント:開封の興奮とコレクションを共有したいという欲求は、Pop Martファンの間にコミュニティ意識を生み出し、ソーシャルインタラクションとオンラインでの議論を促進しました。
  • 感情的なつながり:Mollyや他のPop Martキャラクターの愛らしく多様なデザインは、若い消費者に共鳴し、自己表現と感情的なつながりの形を提供しました。

ブラインドボックス現象とMollyの台頭により、Pop Martは苦戦する小売店から繁栄する文化的現象へと変貌を遂げました。若い消費者の欲求を掘り起こし、ユニークで魅力的な製品体験を提供する同社の能力は、競合他社とは一線を画し、その顕著な成功への道を切り開きました。

IP帝国の構築:Mollyを超えて多様なキャラクターの世界へ

MollyがPop Martをスターダムに押し上げる上で極めて重要な役割を果たしたことは間違いありませんが、同社は長期的な成長と持続可能性を確保するために、IPポートフォリオを多様化する重要性を認識していました。Pop Martは、確立されたアーティストと新進気鋭のアーティストの両方と協力し、多様な好みや嗜好に応える幅広いIPを取得するという戦略的な旅に乗り出しました。この動きは、ブランドの魅力を広げただけでなく、トレンディな玩具市場内で創造性とイノベーションの活気に満ちたエコシステムを育みました。

Pop MartのIP戦略は、単なる買収にとどまりません。アーティストとの積極的なコラボレーションとサポートを含みます。同社は才能を発掘し、育成するための堅牢なシステムを構築し、アーティストに作品を披露し、より幅広いオーディエンスにリーチするためのプラットフォームを提供しています。Pop Martの社内デザインチームはアーティストと緊密に連携し、製品開発、マーケティング、ブランド構築に関するガイダンスを提供しています。このコラボレーションによるアプローチにより、各IPが消費者に共鳴するように慎重に開発および配置されます。

Pucky

Pop Martのコラボレーションから生まれた人気IPの中で、世界中のコレクターの心を捉えたキャラクターがいくつかあります。

  • Dimoo:アーティストのAyan Dengによって作られたDimooは、雲のような髪と夢のような表情をした気まぐれなキャラクターです。幻想的な世界での彼の冒険は、人生に少しの魔法と不思議を好む人々に共鳴します。
  • Pucky:シェイクスピアの「真夏の夜の夢」にインスピレーションを得たこのいたずら好きな小さな妖精Puckyは、遊び心のある性格と鮮やかな美学でファンを魅了してきました。
  • The Monsters:Kasing Lungの風変わりで愛らしいモンスターのキャラクターたちは、それぞれ独自の個性とストーリーを持ち、型破りで想像力豊かなものを好むコレクターの間で人気を博しています。

これらは、Pop Martが世に送り出した多様で魅力的なIPのほんの一例です。同社は新しいコラボレーションを探求し続け、IPポートフォリオを拡大し、増え続けるファン層のために常に新鮮でエキサイティングなキャラクターを提供しています。

IP帝国の構築におけるPop Martの成功は、いくつかの重要な要因に起因しています。

  • 才能を見抜く鋭い目:Pop Martは、ユニークなスタイルと魅力的なキャラクターデザインを持つ才能あるアーティストを見出す才能を持っています。
  • コラボレーションによるアプローチ:同社はアーティストと緊密な関係を築き、彼らの作品を世に送り出すために必要なサポートとリソースを提供しています。
  • 品質とデザイン:Pop Martは高い品質とデザイン基準を維持し、製品が美的にも優れているだけでなく、耐久性があり、よくできていることを保証しています。
  • コミュニティ構築:Pop Martはファンコミュニティと積極的に関わり、帰属意識を育み、トレンディな玩具への情熱を共有するためのプラットフォームを作成しています。

多様で魅力的なIPポートフォリオを構築することにより、Pop Martはトレンディな玩具市場のリーダーとしての地位を固めました。アーティストとのコラボレーションとIP開発への同社のコミットメントは、エキサイティングな新しいキャラクターと無限の可能性に満ちた明るい未来を保証します。

オムニチャネル小売戦略:オンラインとオフラインの世界の橋渡し

Pop Martの成功は、魅力的なIPとブラインドボックスブームだけによるものではありません。その戦略的なオムニチャネル小売アプローチにも深く根ざしています。同社は、物理的な領域とデジタル領域の両方を巧みにナビゲートし、多様な顧客ベースにシームレスで魅力的なショッピング体験を提供しています。この戦略により、Pop Martは、オンラインで閲覧する場合でも、実店舗を探検する場合でも、ファンがどこにいてもアクセスできるようにしています。

オフラインプレゼンス:トレンディな玩具愛好家のための遊び場

Pop Martは、中国全土の主要な場所に戦略的に配置された広範なオフライン小売ネットワークを誇っています。2021年12月の時点で、同社は主要都市に295の実店舗を展開しており、トレンディな玩具愛好家がPop Martの世界に没頭できる場所を提供しています。これらの店舗では、ブラインドボックス、フィギュア、その他の商品を厳選して提供しており、顧客は製品と交流し、新しいお気に入りを発見できます。店舗の活気に満ちた遊び心のある雰囲気と知識豊富なスタッフが、ユニークで楽しいショッピング体験を作り出しています。

Pop Martは、旗艦店以外にも、中国全土に1611台のロボットショップを戦略的に配置し、中小都市や町へのリーチを拡大しています。これらの自動キオスクは、実店舗が実現不可能な地域でも、顧客がブラインドボックスを購入するための便利な方法を提供しています。ロボットショップは旗艦店のミニチュア版として機能し、人気IPを紹介し、Pop Martの世界を垣間見ることができます。

オンラインチャネル:デジタル領域でファンとつながる

オンラインショッピングの重要性が高まっていることを認識し、Pop Martはさまざまなプラットフォームに堅牢なオンラインプレゼンスを確立し、ファンが簡単にお気に入りの収集品にアクセスできるようにしています。同社のオンラインチャネルは、より幅広いオーディエンス、特に実店舗にアクセスできない人やオンラインショッピングの利便性を好む人々にリーチする上で重要な役割を果たしています。

  • Tmall旗艦店:中国有数のeコマースプラットフォームの1つであるTmallは、Pop Martに膨大なオーディエンスと、その広範な製品群を展示するためのプラットフォームを提供しています。旗艦店では、ブラインドボックス、フィギュア、限定リリースなど、オンラインショッパーの多様な好みに応える包括的なセレクションを提供しています。
  • WeChatミニプログラム:中国におけるWeChatの普及を認識し、Pop Martはプラットフォーム内に専用のミニプログラムを開発しました。このミニプログラムは仮想店舗として機能し、ユーザーは製品の閲覧、購入、限定プロモーションやイベントへの参加を行うことができます。WeChat Payとの統合により利便性がさらに向上し、購入プロセスがシームレスかつ効率的になります。
  • Puckyアプリ:Pop MartのPuckyアプリは、ファン専用のオンラインコミュニティとして機能し、交流とエンゲージメントを促進しています。このアプリは、製品情報、ニュース更新、ユーザーがコレクションを共有したり、仲間の愛好家とつながったりするためのプラットフォームなどの機能を提供しています。

オンラインとオフラインの相乗効果:総合的なショッピング体験

Pop Martのオムニチャネル小売戦略は、単にオンラインとオフラインのチャネルを組み合わせたものではありません。総合的で魅力的なショッピング体験を作り出すように綿密に調整されたエコシステムです。同社は各チャネルの強みを活用して互いに補完し合い、強化し合い、顧客がどこで買い物をしても一貫したブランド体験を楽しめるようにしています。

実店舗は体験型ハブとして機能し、顧客が製品と交流し、Pop Martの世界に没頭できるようにしています。オンラインチャネルは利便性とアクセシビリティを提供し、より幅広いオーディエンスにリーチし、購入を容易にします。これらのチャネル間の相乗効果により、シームレスなショッピングジャーニーが生まれます。顧客はオンラインで閲覧し、新製品を発見し、その後実店舗を訪れて購入したり、その逆を行うことができます。この相互接続性は顧客満足度を高め、ブランドロイヤルティを育みます。

Pop Martのオムニチャネルアプローチは、現代の消費者行動に対する理解と、便利で楽しいショッピング体験を提供するというコミットメントの証です。オンラインとオフラインの世界の橋渡しをすることで、Pop Martはトレンディな玩具と魅力的なIPがどこにいてもファンにアクセスできるようにし、継続的な成功とグローバルな拡大に貢献しています。

ブラインドボックスを超えて:Pop Martのグローバルな文化的現象への拡大

Pop Martは中国市場で確固たる地位を築いていますが、同社の野望は国内の境界をはるかに超えています。グローバルな文化的現象になるというビジョンを持って、Pop Martは積極的な拡大戦略に乗り出し、愛されているブラインドボックス玩具と魅力的なIPを国際的なオーディエンスに届けています。この戦略的な動きは、トレンディな玩具に対する世界的な需要の高まりと、Pop Martのキャラクターのユニークな魅力を世界と共有したいという願望によって推進されています。

タイのPop Mart

国際市場への進出:グローバル成長のための戦略的動き

Pop Martの国際展開は、東南アジアに焦点を当てて始まりました。東南アジアは、若者人口が増加し、トレンディな玩具への関心が高まっている地域です。同社は、シンガポール、タイ、インドネシアなどの主要市場に戦略的にプレゼンスを確立し、地元の消費者のニーズに応えるために旗艦店やロボットショップを開設しました。Pop Martの愛らしいキャラクターとブラインドボックスの興奮が東南アジアのファンに共鳴したため、これらの取り組みは熱意をもって迎えられました。

東南アジアでの成功を基盤に、Pop Martは米国、ヨーロッパ、日本などの他の主要市場にも目を向けています。同社はロンドンやロサンゼルスなどの象徴的な場所に旗艦店を開設し、西洋のオーディエンスにユニークなブランドのトレンディな玩具を紹介しています。これらの店舗は、中国のデザインの創造性と革新性を紹介し、現代の中国の若者文化に対するより深い理解を促進する文化大使としての役割を果たしています。

Pop Martのテーマパークの夢:没入型IP体験の創造

Pop Martの野望は、単に玩具を販売することだけにとどまりません。同社は、IPに命を吹き込む没入型体験の創造を構想しています。ディズニーなどのエンターテインメント大手の成功に触発され、Pop Martはテーマパークを開発する計画を発表しました。ファンは、お気に入りのキャラクターの世界に足を踏み入れ、まったく新しいレベルでブランドと交流する機会を得ることができます。

これらのテーマパークは、単なる遊園地ではありません。ストーリーを語り、感情を呼び起こし、ファンとPop MartのIPとのより深いつながりを育むように綿密に作り上げられた体験となります。パークには、乗り物、アトラクション、ショー、インタラクティブな展示があり、すべて同社の愛されるキャラクターを中心に展開されます。テーマパーク業界へのこの進出は、IPエコシステムを拡大し、ファンに永続的な思い出を作り出すというPop Martのコミットメントを示しています。

新しい地平の探求:アニメーション、ゲーム、そしてその先

Pop Martの拡大計画には、アニメーションとゲームの世界への進出も含まれており、包括的なエンターテインメント企業としての地位をさらに強固なものにしています。同社は、ストーリーテリングの力と、ファンとそのIPとのつながりを深めるためのこれらの媒体の可能性を認識しています。

Pop Martはすでに人気キャラクターをベースにしたアニメシリーズの開発に着手しており、彼らの個性とストーリーをスクリーン上で生き生きとさせています。これらのアニメシリーズは、娯楽を提供するだけでなく、キャラクターの背景と動機をより深く理解し、全体的なIP体験を豊かにします。

さらに、Pop Martはゲーム業界での機会を探求しており、ファンを魅了し、インタラクティブな体験を作り出すためのこの媒体の可能性を認識しています。同社はモバイルゲームを開発しており、確立されたゲーム開発者と提携してIPをゲームの世界に届けることを模索しています。

Pop Martのグローバルビジョン:無限の可能性の未来

Pop Martの国際市場、テーマパーク、アニメーション、ゲームへの拡大は、同社の未来に向けた野心的なビジョンを示しています。単に玩具を販売するという境界を超え、グローバルな文化的現象になるという可能性を受け入れるビジョンです。

Pop Martの成功は、以下の能力に起因しています。

  • 進化する消費者トレンドを特定し、それに対応する。
  • 幅広いオーディエンスに共鳴する魅力的なIPを開発する。
  • オムニチャネル小売戦略を通じて、ユニークで魅力的なショッピング体験を作り出す。
  • 継続的に革新し、新たな成長の道を模索する。

Pop Martがグローバルな拡大への道を歩み続ける中、トレンディな玩具業界を再定義し、新世代のクリエイターとコレクターにインスピレーションを与える可能性を秘めています。Pop Martの未来は無限の可能性に満ちており、世界はその注目すべき物語の次の章を熱望しています。

Pop Mart:中国のブラインドボックスブームの内側を見る

トレンディな玩具とブラインドボックスブームの代名詞であるPop Martは、文化的現象として浮上し、世界中の何百万人もの心を魅了しています。中国のささやかな小売店から、驚異的な市場価値を持つグローバルブランドへの道のりは、その革新的なアプローチ、戦略的ビジョン、現代の消費者欲求に対する深い理解の証です。

Pop Martの物語は2010年、小売への情熱と新興トレンドを見抜く鋭い目を持つ若い起業家、王寧のリーダーシップの下で始まりました。日本の小売店LOFTが提供するライフスタイル製品の厳選されたセレクションに触発され、王寧はPop Martを若い中国人消費者の進化する好みに応える「トレンディなスーパーマーケット」として構想しました。しかし、創業初期は困難に直面し、同社は明確なブランドアイデンティティを確立し、競争の激しい小売環境をナビゲートするのに苦労しました。

2015年には、Pop Martが日本のブラインドボックス玩具シリーズ、Sonny Angelの絶大な人気を発見したことで、重要な瞬間が訪れました。これにより、トレンディな玩具市場、特にブラインドボックスに関連するサプライズと収集性の要素と組み合わせた場合の可能性が認識されました。同社は戦略的に焦点を移し、一般的な小売店からトレンディな玩具とブラインドボックス収集品の専門業者へと変貌を遂げました。

2016年のMolly IPの買収は、Pop Martにとって転換点となりました。香港を拠点とするデザイナー、Kenny Wongによって作られたキャラクター、Mollyは、その独特のスタイルと生意気な態度で消費者の心を捉えました。特定のシリーズのサプライズフィギュアが含まれた各ボックスを備えたブラインドボックスモデルの実装は、Mollyの魅力をさらに高めました。開封のスリル、フィギュアの収集性、ブラインドボックス体験を取り巻くソーシャルエンゲージメントが、Pop Martの急成長を後押ししました。

Mollyを超えて、Pop Martは持続可能な成長を確保するためにIPポートフォリオを多様化する重要性を認識していました。同社は、確立されたアーティストと新進気鋭のアーティストの両方と幅広く協力し、さまざまな好みや嗜好に応える多様なIPコレクションを取得しました。アーティストとのコラボレーションとIP開発へのPop Martのコミットメントは、社内デザインチームとアーティストが作品を生き生きとさせるのに役立つリソースを含む堅牢なサポートシステムに表れています。

Pop Martの成功は、魅力的なIPとブラインドボックス戦略だけにとどまりません。同社は戦略的なオムニチャネル小売アプローチを実施し、オンラインとオフラインのプレゼンスをシームレスに統合しています。中国全土に戦略的に配置された何百もの実店舗とロボットショップを備えたPop Martは、顧客に没入型で魅力的なショッピング体験を提供しています。さらに、同社はTmallの旗艦店、WeChatミニプログラム、Puckyアプリを通じて強力なオンラインプレゼンスを確立し、オンラインショッピングの利便性に対する高まる需要に応えています。

Pop Martの野望は国内市場をはるかに超えています。同社は積極的なグローバルな拡大戦略に乗り出し、愛されているブラインドボックス玩具と魅力的なIPを国際的なオーディエンスに届けています。東南アジア、米国、ヨーロッパ、日本にプレゼンスを確立したPop Martは、着実にグローバルな文化的現象としての地位を確立しています。さらに、同社はテーマパークを開発する計画を発表し、ファンにIPに命を吹き込む没入型体験を提供しています。

Pop Martの旅は、その革新的な精神と現代の消費者欲求に対する深い理解の証です。キャラクターに対する消費者の感情的なつながりを活用する同社の能力と、ブラインドボックスの興奮と収集性が相まって、かつてない高みへと押し上げました。Pop Martがグローバルなプレゼンスを拡大し続け、新たな成長の道を模索する中、トレンディな玩具市場と大衆文化への影響は否定できません。Pop Martの物語はまだ展開されており、世界はその注目すべき旅の次の章を熱望しています。

参照:

  1. https://mp.weixin.qq.com/s/HVK0yER5cVyBx7tHrdZh3Q
  2. https://mp.weixin.qq.com/s/djaZg3Ahk6d5IuUJ7sPcPg
  3. https://mp.weixin.qq.com/s/kNTW5RJZ_e3Dys65TKAvFA
  4. https://mp.weixin.qq.com/s/sdkBeP3CZTxuvLdWsXEZgQ
  5. https://mp.weixin.qq.com/s/1dosnFgP9cZz4TXuankGgw
  6. https://mp.weixin.qq.com/s/RVU1rhXYbvJnHLJmJIoaPQ
  7. https://m.cyzone.cn/article/614075.html
Author

评论